« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

2006年8月18日

...

最近、リサイクルという文字を見ても振り返ってしまうよ、と母へメールをしたら、彼女はダンスをしているのですが返信があり・・・

「私もタンスという看板を見るとドキドキするよ(ハート)」

早起きして、小金井公園

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月16日

雨の合間に


買物へ近くへ出ようと思いましたが、道路も乾いているようなので自転車で。
乗り始めると…
隣の駅まで、それも遠回りして行きました。

この自転車は八百屋さんで野菜を買うようには、あまりできていないと気付きつつあります。
すでに購入済みの豆乳1Lに加え、にがうりとブロッコリー、それにミルオレという果物でバックパックは一杯です。
やはり、スポーツなのですねぇ。

ちなみにこの果物、オレンジとグレープフルーツの配合種だそうで、酸っぱくて疲れにぴったりでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月15日

安全第一

今日も曇天を見上げ、行けるかなぁ…
雲は切れているし、行けるかもと思い、出かけちゃいました。

都内へ。

旧早稲田通りから新青梅街道、そして目白通り、と道をも覚え、空いていることも手伝ってか、すいすいと進みました。
都内で用事を済ませた後、さぁ帰ろうと思っていましたが、ついついアイスクリームが食べたくなっちゃいまいした。これが後で響くとは、このときは気付いていませんが…。

汗をかいて、運動をしている身体に甘いものは染みわたります。
おいしー♪

自転車を眺めながら、しばらくぼんやりとしていました。きっと、一息ついてしまったのでしょうね。
すると思いのほか時間が経過していて、雲行きがちと怪しめ。


これは、と走り出したらぽつぽつぽつ。
まだ路面は乾いています。西へ向かえば抜けられるかなぁ、とかすかに期待しつつ走ります。
と、え、何だかいつもの道ではないかも…。お天気ばかりを気にかけていたのがいけませんでした、そう、反対の方向へ走っていました。
気付いて戻ります。
はじめは、なんだか夏の夕暮れ、雨も気持ちいい、なんて感じでした。
けれど進めど雲の切れる気配はなく、雨も本格化。
はじめての雨天決行です。

不安と、気をつけなくっちゃ、集中、集中とゆっくり走ります。
雨も滴りおちるようになり、もう安全第一。
すると、どうでしょう。左のコンタクトがっ!

えっ?

雨をしのげる場所へ移動して、鏡を見てみますが…ふーむ、どうやらすでに瞼の中にはないみたい。
雨は降ってるし、その上片目?しかもあと10Kはある…。


と、後で考えるとおかしくなってしまう状況(いや、まじめですが…)が重なり、やはりお店の方の言っていたサングラスは買った方がいいですよ、コンタクトなら尚更、を聞いておけばよいのでした。


こうなっては、安全に、自宅まで戻るのみです。

ゆっくりと歩くよりは少しだけ早く、幸い人の通行も雨の為少なかったのでいけそうな所は歩道を進みます。
コンタクトレンズ片方ですと、やはりいろいろと見落とす様で、安全に気を配っていましたので、道をすっかり間違えてしまいました。

自宅から5キロほどの場所ですから、バス通りに見覚えがあり、進んで行きます。

あ、この道、知ってる。

あ、家!

と、なんとか無事に帰還。
ほんとうに安全に戻ることができて、よかった。
自転車に肩があったら、抱き合っていたことでしょう。

お天気と、途中の誘惑にはこれから一層気をつけます、ハイ。

ことなく自宅までつきあってくれた愛車に感謝しながら、水分をふき取ります。
何だか、苦楽をともにした仲間のようなキブンです。

あったかいお風呂も、気持ちよかったぁ。

約60Kの走行でしたが、なによりも安全第一。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月14日

...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月13日

tokyo

以前の自転車ではパン屋さんめぐりをしていた東京都内、今日は自転車屋さんめぐり。
昨日の夜、サドルを交換。最初不安な感じでしたが、完治。
なんだか乗り物に手を加えるっておもしろくなりそう…。
思いがけず交換できたのでうれしくって、今朝は家事を終わらせて午後出発。
雨、降らないでーとお願い。

まずは早稲田通りから新宿へ。
お盆休みの東京都内はとても走りやすく、ワタシのような初心者ライダーにも優しい運転者の方々、そして道路状況です。ゆっくりライダーもどきにも、皆さんやさしく。
ありがとうございます。

新宿御苑の緑とせみの声を聞きつつ、外苑西通りで原宿それから六本木。
東京タワーを回って、麻布付近へ。
そこではすごーく急な坂があり、思わずファイトしてしましました。
今まで、ヒルクライム?という言葉をあちこちで見聞きしていたけれど、この登りきった感?でみなさんチャレンジされるのかしら?すごーい。

ワタシも軽めの爽快感。

以前は、自宅から最長で浅草・白金あたりのパン屋さんへきたのが、自分でもその頃驚きだったけれど、この新しい自転車では、ここまで、楽ー!その上、楽しい!
前は、これたことに喜び一杯だったのだと思う。

たのしい、たのしい、たのしい。
東京タワーを見たときは、なぜだかうれしかったです。


自転車屋さんを2軒見て、ウェアやサングラスを眺めてみました。
ネットで調べた、原宿のなるしまフレンド、それから友達から聞いた新宿のジョーカー。
着るものにも興味が沸いてきて、いろいろ見ています。
今は、夏物の速乾性のありそうな普通の服を着ています。けれど、着てみたいのがあったら、ぜひ試してみたい気もする、ソレっぽい服。
それに、ただ見ているだけでも何だか楽しいのです、自転車屋さん。ちっちゃいものがたくさんあって。
今まで、こんな世界があるだなんて知りませんでした。
まだ、ワタシには、さっぱり分からないものばかりですが…もちろん。


そろそろボトムが欲しくなってきたので、目がすこし慣れてきた、
…気がする。


若干、乗れるようになって、以前と違うなーと感じるのは、車体の軽さ。
ちょっと後ろを振り返ったり、するときに微妙なバランスをとる必要があるみたい?
車体が軽いから?
へぇー。
と、素人考えですが。

走行距離;約60キロ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月11日

ことばとサドルと六角レンチ

サドル状況改善計画へ向けて、いろいろ見てみようと思い、自転車店へ。
けれど、知識や経験値なしに、見ていても ???
いろいろなサドルが並んでいるのを、ワタシが眺めている絵も不思議です。目に入っているようで、入っていない。へぇ…

けれどこの状況は週末までに改善したい!
そこでやはり、自転車を購入したお店へ行き、相談してみることにしました。
購入時のお店の方がいて丁寧に教えてくれたので、少し何を見ているのか分かる気がしてきました。
奥の深い世界へすすんでいる気持ちです。

いろいろと伺った上で、まずはとりあえず交換してみることにしました。
お店へもってくれば、取り付けて下さると聞きうれしかったのですが、週末に乗るには持って帰って自分で取り付けるしかないかな……そして明日感じる(であろう)爽快感が頭をよぎり…や、やってみます!と言ってしまいました(汗)。
じゃ、六角レンチもと手渡され。
ふーむ。ワタシがいじってよいのだろうか、とちょっと不安。

空気入れやウェア、アイウェアを見てみる。
その気になります。

本日のご購入:
サドル 六角レンチ クリーナー オイル

場所を移動して、本日行われるチューブの交換を教えてくれるメンテナンス講習会へ
行ってみると来週へ延期との事。

ま、仕方ない。
お店の中を見て回ると、ソレっぽいものがたくさん並んでいて、ソレっぽい方々がたくさんショッピング中。ワタシが見てもなんだかよく分からないものを手にとって見ている。
へー。

ま、細かいものはさておき、お水を飲むのにキャメルバックも欲しいな、あ、スコートなら素敵かな、とまた一段と楽しくなりました。

お友達と新宿ごはん。
ことばについてなど、いろいろ。
ことばってなかなか容易でない時もある。そういう時自転車って、ことばでなく、ん、なんだろう、からだ、行動だからいいのかな、って。
あたまからからだへのスイッチ。


帰り道はサドル話、自転車と馬について。

さて、明日はサドル交換。
メンテナンスブックとか欲しいかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月 9日

?な日

きれいな夕陽をみることができた仕事の後、時間が少し早かったのでこれはっと自転車店へゴー!
空気入れをまず購入する必要があるらしいです。
1週間に1回は入れてくださいねーと購入時にお店の方から聞いています。
それにいろいろな質問もあります、もちろん。

行ったことのないお店を見てみたいので、ネットで見た地図の記憶を頼りに歩きます。
けれどなかなかそれらしいお店がありません。
電話番号も控えていないし…。それなら番号案内♪と思い、早速電話。

ルルルルル
なんだか呼ぶ音が外国の電話みたい


ゲンザイ、コミアッテイルタメ、コノママオマチイタダクカ、シバラクタッテカラオカケナオシクダサイ。

???
番号案内が混んでいる、らしい。
何度かけてもつながらない。

ふーむ。
歩けどもお店は見つからず。
閉店時間は迫っている。
またかけてみる。
ツナガラナイ…。

そしてやっとつながって番号が判明、お店に電話をすることができたのは閉店2分前。
お店の方が場所を丁寧に教えてくださったので、きもち良く?空振りな夜を終えることができました。


自宅へ戻って、近くをぐるぐる自転車でまわることにしました。
おまわりさんの自転車さえ気になる…。


ほんの数キロ、されど夏の夜の住宅街の道はいい気分転換になります。

ん、満月?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月 8日

多摩川へ行ってきました 2/2

(昨日よりつづき…)

お天気が良くって、気持ちのいい日曜日。
水辺は大好きなので、となりを自転車でしゅーっと、とてもきもちがいいです。

それなりな格好をした方がたくさん。驚きです。
見ているだけでも色々と勉強になります。

ワタシはゆっくりな上、ときどきのろのろしているから、抜かしていく方々がたくさんいるのだけれど、何だか、一瞬がんばっちゃいます、なんなのでしょう、アレ。
そして楽しくってどんどんと進んでゆくうちに、何度が、そろそろ引き返した方が…と浮かびますが、楽しさを何度か優先して、走っていきました。そんなうちに国立?とか立川とかいう名前が出てきて、そろそろかな、とUターン。
こんどはじめからおわりまで行きたいです。

今日はそれほどの距離ではないのでしょうけれど、この自転車でのススミ具合がまだよく分からないのと、うきうきしていて時間の感じもないので(?)、なんだか距離と時間との関係がふしぎです。
サイクルメーターはそういうワタシに客観的な尺度を与えてくれるので、またこれもおもしろいです。

こんどはスコシだけ周りを見る余裕や、じぶんの動きにも意識をしてのUターン後。
腕の様子とか、足の様子とか、身体と自転車の関係とか。
リズムだったり、角度だったり。

身体をこうして、それもとてもアナログな形で前へ進む道具の一部にすると、そのときの身体の状態がとてもはっきりする感じがします。
バランスがとれている、リズムがいい、きもちの良い音楽や料理となんだか似ているのかしら。

さてさて、楽しく、またお水もおいしいのですが、そろそろ帰ることにします。
もと来た道を戻ります。
へろへろへろへろ。

往復でおよそ50キロでした。


次回は髪をまとめるのが良さそうなこと。そして質問がつぎつぎとでてきます。


| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年8月 7日

(昨日は)多摩川へ行ってきました。

もちろん、うれしい日曜日。
今日はどこへいこっかな、と考えて、自然の中へ!
とまず浮かんだのですが、いやいやそれはちょっと…と現実的になり、多摩川へ行ってみることにしました。
なにやらサイクリングコースがあるとの事。
自宅からも、スコシ距離があるのですが、ま、せっかくですから。
まずは準備。
以前の自転車はスカートでも乗っていましたが、さすがに今回は…そう、“スポーツ”車。
そういう事が毎日スコシずつ分かるような、そうでもないような。
日焼け止め、水と食べ物もバックパック へ詰め、出発。
あ、あとコンパスも忘れずに。

シャーっと走り出したいところだけれど、よたよた。
何だか走りだし、よくわかりません。。
けれど走りだすと、きもちー。
ススム、ススム。
なんだか、その気になっちゃいますねぇ。いやー(照)。
以前の自転車でよく走っていた自宅からのコースなので、その違いがはっきりするようです。
進み方、違いますよね、カクジツに。。。ホント。

つぎつぎと線路を越えて南下します。
太陽と影を気にしながら、方向を知るのも楽しみのひとつです。
前に来たことのある、遠出最南点をひょいっとこえ、天文台があったり、スタジアムがあったり、高速の入り口があったり。
この自転車を薦められたとき、世界が広がりますよーとおっしゃる方がいて、あーっと実感。
早くもっと上手に楽しく乗れるようになりたいです。

南下すること、約45分。なんだかここまでスイスイ来ちゃいました。
そろそろかなー、と期待が高まるころ(それにスコシ疲れてきたころ)、地形が変わりました。2階建てのアパートの2階が1階になっているものや、そういうお家が連なっていて、どこか外国にいるみたいな感じ。それはどうやら急斜面になっているから。
それに町名は石原…。
お、という事は川が近い?
お、早速自転車に乗った人が軽快に通り過ぎていく。
お、ぐるっと回ってみると、急に視界が広がります。

あ、シャーって走ってる。
かっこいー!

ほんとうにたくさんの人が自転車に乗っています。

ワタシも!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月 5日

happy

じてんしゃ、じてんしゃ、うれしいな♪
と歌っていた今日の朝、心待ちにしていた受取りの日です。

うれしくって、顔がほころんでいたことでしょうね。他の方が見たら…。

いました、ワタシの自転車。
思わず写真を一枚。

060805_1428

かわいい、赤にしてよかった。さわってみたりして、あやしかったかも…。

小物を選んだり、説明を聞いたりして、ついにご購入!
さて、購入すると決めてから、はじめて気付いたことは、乗って帰るという事。
へ?
だって自転車7ヶ月乗ってないし…ハンドルがこうぅカーブしている自転車も初めてだし…はたして乗って帰れるのかしら?と思いながら半日あれば大丈夫かなぁと早い時間に受取りへ向かっていたのでした。地図でみたら17キロと書いてありました。何だか不安…。とりあえずコンパスもっていきましたよ。東西南北さえ分かればいいかと。

乗ってみた、こいでみた。

あーー乗れたぁ!うれしいー。

お店の方へのご挨拶もそこそこに、乗れちゃいました。
でも、ちょっとこわーい。

ただ、これって違う乗り物です。今までのは何だったのかしら?と思うほど。
100m走る前には、思いました、思っていたのと違う…


もっと素敵な乗り物だと。

べダルをこぐと、ぐんっと前へススム感じ。バランスがもっとタイセツな感じ。
からだがうれしいって。


こんなうれしい気持ちで、7ヶ月ぶりの自転車走行。うーん、カゼガフイテイル。
目白通りを帰っていたら、どこかで間違えて新青梅街道にいました??標識をみたら中野区とあるので近くのお友達へ電話して、遊びに行くことに。
ちょっとジマンをしてから、ガードレールに駐輪。鍵をかけるのも初めてっ!
自転車を眺められるカフェで、うっとりしながらも、お話に花が咲きランチしました。おいしかったです、ここのランチプレート、ポレポレ。
その後彼女のお家へ遊びにいったのですが、3階まで自転車を担いでみたり…なんだかこの風景、どこかでみたなぁ、とまたうっとり。自ら行うと新しいですね。

ここでまた、お話に花が咲き、外は暗くなり…なんだか帰りは夜道と決定。
まだよたよたしている自転車で夜道を帰ることに。早稲田通りは狭いので、青梅街道を帰ります。
オソイ、ヒールをはいた女の子のままちゃりにも追いつけない。それに車こわーっ。
坂道は、らっくちん。なにこれーーーーっ?
たのしーーー。けれど、おしりがいたーい、それにベルがない???などにも気付きながら、1時間で帰宅。メーターを見ると約20キロちょっとでした。

きもちよく眠れそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »